後縦靱帯

手足のしびれを引き起こす病気

手足は道具を使い作業を行ったり、徒歩で目的の場所へ向かったりと、人間の生活には欠かせないものである。
このため、手足がしびれており、その上痛みがあるとすれば生活にも大きな支障を生じさせてしまう。
手足の痛みやしびれの原因として、後縦靱帯骨化症がある。

後縦靱帯骨化症とは、脊椎に起こる病気である。
これは欧米人にはごくまれな病気で、発症率も少ない。
日本人にも症状を起こす人は稀だが、欧米人が0.1パーセントの発症率なのに対し、日本人は4パーセントと高くなっている。
特に男性が起こしやすい病気である。

脊椎に関わる病気は、前身のバランス感覚に問題を起こすことになる。
この病気は発症率も低いため、厚生労働省で難病指定を受けるほどの病気で、治療を行っている病院も数少ない。

症状を起こす部位

難病指定されている後縦靱帯骨化症は、原因がよく分かっていないため、予防するのが難しい。
その症状とどこで起こる病気なのかを知ることは、病気を抱える人への理解にも繋がる。

詳細を確認する

引き起こされる症状

手足のしびれを引き起こす要因として、神経が圧迫されていることが挙げられる。
その他にも、脳梗塞が起こった時も手足のしびれを感じることがあるが、その違いを見極めることが大事である。

詳細を確認する

観察のための検査

後縦靱帯骨化症を診断し、より効果的な治療を行うには、より詳しい検査が必要である。
診断のための検査は様々あり、病気に適した検査を選ぶと、より詳しく体の中を観察できる。

詳細を確認する

慌てずに方法を探る

痛みが生じると、どうしても早くどうにかしたいと悩むものである。このため色々なことを試してしまう人も多い。
しかし、後縦靱帯骨化症の場合は、慌てずに経過を観察することが大事である。

詳細を確認する